商標の区分 第45類とは?

この記事では、商標区分の第45類について解説します。区分一覧について知りたい場合、こちらの記事もご覧ください。
<商標の区分とは ~45種類を全部解説します>
https://cotobox.com/primer/trademark-class/

第45類 – 冠婚葬祭、警備、法律事務

第45類は、人的および社会的サービス、人との出会いに関するサービス、士業、冠婚葬祭に関するサービス、警備、などがあてはまります。
たとえば、SNSサービス、法律に関する専門サービス、警備・警護サービス、探偵、ペットシッターやベビーシッター、家事代行サービス、ファッション情報の配信、占い、ブライダルサービス、葬儀会社などです。ただし、企業調査(36類)、生命保険及び損害保険に関する手続の代行(36類)、児童福祉法に規定される保育所(43類)、動物の世話や治療サービス(44類)は別の区分となります。また、業種により他の区分取得も視野に入れるべき場合もあります。

 

詳細

金庫の貸与

このサービスは、金庫(金銭その他重要書類をおさめ、盗難や火難を防ぐための鉄製の箱)を貸与するサービスが該当します。

 

ファッション情報の提供

なお、銀行が貴重品や有価証券などを、持主から料金をとって保管する「有価証券・貴金属その他の物品の保護預かり」は、第36類に属します。

 

結婚又は交際を希望する者への異性の紹介

このサービスは、結婚紹介業者及び結婚相談所等が提供するサービスです。

 

婚礼(結婚披露を含む。)のための施設の提供

結婚式又は結婚披露のための施設を利用させるサービスです。

 

葬儀の執行

葬儀業者が提供するサービスです。

 

墓地又は納骨堂の提供

墓地又は納骨堂を使用させるサービスです。

 

工業所有権に関する手続の代理又は鑑定その他の事務、訴訟事件その他に関する法律事務、登記又は供託に関する手続の代理

このサービスには、法律家によって提供される法律事務に関するサービスが含まれます。「工業所有権に関する手続の代理又は鑑定その他の事務」は、主に弁理士によって提供される法律事務に関するサービスです。「訴訟事件その他に関する法律事務」は、主に弁護士によって提供される法律事務に関するサービスです。「登記又は供託に関する手続の代理」は、主に司法書士によって提供される法律事務に関するサービスです。

 

著作権の利用に関する契約の代理又は媒介

 

 

社会保険に関する手続の代理

このサービスには、主に社会保険労務士等によって提供される法律事務に関するサービスです。なお、生命保険及び損害保険に関する手続の代行に関しては、このサービスには含まれず、第36類に属します。

 

施設の警備身辺の警備

「施設の警備」は、事務所、住宅、倉庫、工場、興行場、駐車場、遊園地等における盗難、火災等の事故の発生を警戒し防止するサービスです。「身辺の警備」は、人身の安全を確保するサービスです。

 

個人の身元又は行動に関する調査

個人を対象とした経歴、人物の調査及び追跡調査等をするサービスです。なお、「企業の信用に関する調査」は第36類に属します。

 

 

占い、身の上相談

 

 

愛玩動物の世話

このサービスには、ペットシッタ一等の提供する飼し1主に代わって一時的に行う愛玩動物の世話に関するサービスが含まれます。なお、その他の動物の美容・衛生・飼育に関するサービスは、第44類「動物の飼育」「動物の治療」「動物の美容」に属します。

 

乳幼児の保育(施設において提供されるものを除く。)

このサービスには、ベビーシッタ一等の提供する需要者の自宅等で提供される乳幼児の一時保育に関するサービスが含まれます。
なお、児童福祉法に規定される児童福祉施設のうち保育所が提供する保育に関するサービスについては、このサービスには含まれず、第43類「保育所における保育」に属します。

 

家事の代行

 

後見

 

衣服の貸与

 

祭壇の貸与

 

火災報知機の貸与、消火器の貸与

 

装身具の貸与

 

 

まずは、そのネーミングが商標登録できるかどうかを確認しましょう。

関連記事

商標の名義変更や社名・住所変更する

  商標登録に向けた手続中や、商標登録完了後に、あなたの住所が変わることはありませんか?また、取得した商標権を第三者に譲渡することもあるかもしれません。 このような場合、特許庁に対して変更手続を行うことで、住所・名義人などの情報を変更することができます。 変更手続をしなければならない人にとって、理由はそれぞれ異なるかもしれません。

食品業界事例
飲食店の名前を商標登録してみよう

せっかく商標登録をしようとしても、どの区分を選択すればよいかわからないことはありませんか? Cotoboxでは商標登録についてブランドなど区分、分類に関する多くの問い合わせがあります。 しかし、区分は決してわかりやすいものではありません。この記事では、「飲食店の区分はどれにすればいいんだろう? 」という疑問に対し、検討材料となる事例をご紹介します

商標の区分 第16類とは?

この記事では、商標区分の第16類について解説します。区分一覧について知りたい場合、こちらの記事もご覧ください。 <商標の区分とは ~45種類を全部解説します> https://cotobox.com/primer/trademark-class/ 第16類 – 紙、事務用品 第16類は、紙が原料の印刷物、紙が原料の製品、プラスチックが原料の包装品、文