商標の区分 第33類とは?

この記事では、商標区分の第33類について解説します。区分一覧について知りたい場合、こちらの記事もご覧ください。
<商標の区分とは ~45種類を全部解説します>
https://cotobox.com/primer/trademark-class/

第33類 – 酒類

 

第33類はビール以外のアルコール飲料があてはまります。たとえば、日本酒、泡盛、ウィスキー、紹興酒、ワイン、焼酎、チューハイ、果実酒などです。ただし、ビール、ジュース、医療用飲料などは別の区分になります。また、これらの製造ではなく、販売を行う場合も別の区分となります。

 

無料アカウント登録

アカウント登録後、Cotoboxサポートチームが
「区分の選び方や、出願までの流れ」など、あなたの悩みを解消します。

 

詳細

日本酒

この商品は、「泡盛」「清酒」「直し」等が該当します。

 

洋酒果実酒、酎ハイ

これらの商品は、「洋酒」「果実酒」等が該当します。「酎ハイ」は、「焼酎」を炭酸で割ったのみの商品だけではなく、焼酎に果汁などを加えたサワ一等の商品も含まれます。また、これらの商品と類似群が同じ「ビール」は、第32類に属します。なお、梅の果実をホワイトリカーなどのアルコール類に浸して作る「梅酒」は、「果実酒」には含まれず、本類「薬味酒」に属します。

 

中国酒

この商品は、「ラオチュー(老酒)」等、中国の伝統的な製法により製造されるアルコール飲料が該当します。

 

薬味酒

この商品は、主に、酒などに漢方薬を溶かし込み、香味をつけた酒等が該当します。なお、「薬用酒」と「薬味酒」とは成分がほとんど同じですが、専ら酒店で販売される場合は「薬味酒」としてこの商品に含まれ、医薬品として取引される場合は「薬用酒」として第5類「薬剤」に属します。

 

 

 

 

すぐに自分の業界に近い区分を知りたい場合、こちらの記事をご覧ください。

 

 商標の区分一覧
1類 | 2類 | 3類 | 4類 | 5類 | 6類 | 7類 | 8類 | 9類 | 10類 | 11類 | 12類 | 13類 | 14類 | 15類 | 16類 | 17類 | 18類 | 19類 | 20類 | 21類 | 22類 | 23類 | 24類 | 25類 | 26類 | 27類 | 28類 | 29類 | 30類 | 31類 | 32類 | 33類 | 34類 | 35類 | 36類 | 37類 | 38類 | 39類 | 40類 | 41類 | 42類 | 43類 | 44類 | 45類

 

まずは、そのネーミングが商標登録できるかどうかを確認しましょう。

無料アカウント登録

詳細の見積もりが取れるのはもちろんですが アカウント登録の方には
「商標の使い方や時事ネタ」など
様々な情報をお届けいたします。 御社の知財を活用するために
ぜひ情報をお持ち帰りください。

Cotoboxトップページへ移動

まず、自社のサービスが商標登録されていないか確認したい方はこちらから

関連記事

商標の区分 第12類とは?

この記事では、商標区分の第12類について解説します。区分一覧について知りたい場合、こちらの記事もご覧ください。 <商標の区分とは ~45種類を全部解説します> https://cotobox.com/primer/trademark-class/ 第12類 – 乗物 第12類は、陸上の乗物、海上の乗物、空中の乗物やその部品などがあてはまります。たとえ

商標の更新を忘れた! 期限切れだっ

「商標の更新を忘れてしまった方や、期限日を過ぎているかもしれないと不安になっている方はいませんか? 既に登録した商標について、期限日を迎えたあとも使用したいときは、更新の手続きを行います。この更新手続きは、「商標権の更新」や「登録商標の更新」とも呼ばれています。更新が必要な場合、存続期間の更新登録の申請によって10年の存続期間を何度でも更新することがで

商標の区分 第30類とは?

この記事では、商標区分の第30類について解説します。区分一覧について知りたい場合、こちらの記事もご覧ください。 <商標の区分とは ~45種類を全部解説します> https://cotobox.com/primer/trademark-class/ 第30類 – コーヒー、調味料、菓子 第30類はコーヒー、パン、米、おかし、調味料、テイクアウトの食品な