商標登録の費用と相場 ~ 3分で詳しく解説!

あなたは、「自分のビジネスのネーミングが真似されないようにしたい」と考えた時、いくら払いますか?10万円ですか?15万円ですか?(もし専門家や業者に代行してもらうと、実際これくらいの額を請求されます。) 
しかし、最低1つの区分でとるのであれば、3万~4万円程度で済ませることが可能です。もしもオンラインサービスを利用した場合でも、プラス1万円程度で済みます。 
この記事は、商標登録の費用について正しく理解できるように詳しく解説します。
自分で商標登録をする場合、うまくいけば約3~4万円で済ませることができます。 
かかるのは、特許庁に納める特許印紙代と、郵送費などの諸経費だけです。
それでは、こちらの料金表を見てください。

商標登録の費用(5年分、特許庁にかかる料金

商標登録の費用は、特許庁へ特許印紙を納付する必要があります。特許印紙代は、選択する区分数によって変わります。区分数は、ビジネス上のカテゴリ(全45種類)の中からいくつ選択するかによって決まります。

 区分数 出願時の費用 合計
 1 ¥12,000 ¥28,400
 2 ¥20,600 ¥53,400
 3 ¥29,200 ¥78,400
 4 ¥37,800 ¥103,400
 5 ¥46,400 ¥128,400
メリットは、何より最も安い手段であることです。
しかしデメリットは、膨大な調査時間と書類の正確性が求められることです(自力でやる場合と、他のサービスの違いはこちらをご覧ください)。

(1)支払いは通常2回ある

とても重要なポイントです。
商標登録は、完了するまでに最低2回の支払が発生します。

詳しく解説していきます。
まず、商標には「出願時の費用」「登録時の費用」というものが存在します。

この言葉の意味は以下のとおりです。

図にするとこうなります。

商標費用

 

■出願料は、審査に落ちて諦めた場合は戻ってこない

出願時の審査は現在約6~8ヶ月かかります。

特許庁による審査は、「消費者が混同しないか?」など、さまざまな観点から厳しくチェックされます。拒絶されることもあり、そこで諦めても出願料は返金されません。

なお、拒絶通知に対して反論の機会も設けられていますが、再度拒絶される場合もあります。なにより、さらに時間もお金も費やすことになってしまいます。

 

(2)選択する「区分」の数で費用が変わる

区分とは
区分とは、「使用する商品・サービス」のカテゴリで、全45種類あります。

商標区分

商標権は、登録したい名称などに加え、どの区分にするか選択しなければなりません。区分数を増やせば、商標権利範囲が広がりますが、特許印紙代にかかる費用も高くなります。区分について詳しく知りたい場合、こちらの記事もご覧ください。

 

 

■例:3つの区分で取得する場合の金額

 

それでは、1つシミュレーションしてみましょう。たとえば、あなたが「飲食店の情報サイトの名前」を商標登録したいとします。

その後あなたは色々調べた結果、自分のビジネスに関係の近い以下の3つの区分を選択することにしました(ここでは、区分を選択する過程を省略します)。

 

ここで、もう1度先ほどの画像を見てみましょう。
冒頭にあった表を確認してみましょう。すると3区分であれば、出願時に29,200円、登録時に49,200円、トータルで78,000円の特許印紙代が必要であることが分かります。

 

■区分はいくつ選ぶべきなのか?
それでは、実際はいくつ区分を取得することになるのでしょうか?
結論から言うと、45区分すべてを選択するケースはほぼありません(45区分選択すると、特許印紙代が120万円にまで達します)。 通常は実際に使用する区分から選択するものであり、大企業を含めても平均3区分程度とされています。

 

 

(3)自分でやるのは、専門知識がないと面倒

■自分でやるとつまづくポイント3つ

ここまで聞いて、「よくわからない、自分だけでやることはとても難しい」と感じる方も多いでしょう。自分でやると、以下3点の内容でつまづく傾向が多いとされています。

■自力だと、やることが多い
また、自分で行うと、非常に多くの工数がかかります。
商標手続できる方法を比較すると、やらなければならない項目について以下の違いがあります。
<商標手続の項目数の違い>
自分で オンラインサービス 特許事務所(一例)
①商標制度の理解
②商標の事前調査
③区分の選択
④出願書類プリント
⑤書類記入作業
⑥郵便局へ事前連絡
⑦特許印紙購入(1回目支払)
⑧郵送作業
⑨審査待ち約8ヶ月
⑩審査OKの通知
⑪登録料の書類準備
⑫郵便局へ事前連絡
⑬特許印紙購入(2回目支払)
⑭郵送作業
①商標検索
②注文
③1回目支払(出願料)
④提携弁理士による出願
⑤審査待ち約8ヶ月
⑥審査OKの通知
⑦2回目支払(登録料)
①面談設定
②ヒアリング
③商標の事前調査
④調査報告書受け取り
⑤出願の意思決定
⑥2回目の事前調査
⑦1回目支払(出願料)
⑧審査待ち約8ヶ月
⑨審査OKの通知
⑩2回目支払

やはり、通常は専門家である弁理士が対応してする領域であるため、調べることも大変な手間がかかります。費用・スピード・安心感の中で何を重視するかによって決めていきましょう。

 

2.オンラインサービス(Cotobox)利用時の費用

 

オンラインは、とにかく手間がかからないことが利点

オンラインで商標出願が出来ることは、あらゆる点で楽です。具体的なことは以下の3点です。


■Cotoboxは5万円程度から利用可能

オンラインサービスでは、当然自分で出願手続をするより費用がかかります。しかし、中間コストを極力減らしているため比較的安くなっています。

 

■注文に踏み切れない場合もサポートあり

もしもオンラインサービスで仕組みが理解しきれなかったとしても、以下のサポートがあります。

ということが推奨されています。

 

 

 

3.商標の費用を比較する

 

 

それでは、ここまでの方法について費用を比較してみましょう。

商標比較

自分で、最小単位で商標登録をすると総額で約3万円かかることがわかりました。
しかし、自身で書類を様式のとおりに作成することや、取得できた場合の紛争発生リスクの予見をすることは困難です。そのために、現状多くの方は弁理士等の専門家サービスを代理人として出願を行っています。
他の専門家やサービスを利用した場合は総額平均は約14万円程度となっています。Cotoboxでの料金では総額5万円となっています。(専門家料金の平均は「弁理士の費用(報酬)アンケート」アンケート結果を元に算出)

 

1区分だけの費用総額をまとめると、以下のようになります。

 

 

4.まとめ

■費用の考え方
■費用の比較

商標は、金額がすべてではありません。
重要なのはあなたのビジネスの名称等が権利として保護され、安心して活動に取り組むことができることです。

自分でやればコストは抑えられますが、出願料だけ払って却下されては意味がありません。特許事務所に依頼することは、対面での安心感も得られるメリットもあるでしょう。
Cotoboxサービスはプラットフォームとして価格は抑えつつ、体験した人にとって商標が身近になれればと考えています。よりよい選択肢を見つけ、ぜひ商標の出願にチャレンジしてみましょう。

まずは、そのネーミングが商標登録できるかどうかを確認しましょう。

関連記事

商標の区分 第8類とは?

この記事では、商標区分の第類について解説します。区分一覧について知りたい場合、こちらの記事もご覧ください。 <商標の区分とは ~45種類を全部解説します> https://cotobox.com/primer/trademark-class/ 第8類 – 手動工具 第8類は手で使用する工具などがあてはまります。たとえば、ナイフ、フォーク、ピンセット、

商標の区分 第33類とは?

この記事では、商標区分の第33類について解説します。区分一覧について知りたい場合、こちらの記事もご覧ください。 <商標の区分とは ~45種類を全部解説します> https://cotobox.com/primer/trademark-class/ 第33類 – 酒類   第33類はビール以外のアルコール飲料があてはまります。たとえば、

商標の区分 第26類とは?

この記事では、商標区分の第26類について解説します。区分一覧について知りたい場合、こちらの記事もご覧ください。 <商標の区分とは ~45種類を全部解説します> https://cotobox.com/primer/trademark-class/ 第26類 – 裁縫用品 第26類は、貴金属以外の装飾品(ファッション)や裁縫に使用するものがあてはまりま