商標登録費用

商標登録をすすめるにあたり、いくらかかるのかということは気になると思います。本ドキュメントを読んでいただいているみなさんもいろいろと検索されていることでしょう。

商標登録にかかる費用のポイントをまとめます。

  • 商標登録は、ステップごとに手数料を特許庁へ納める必要があります。
  • 商標登録の料金は出願時の区分数に応じて増加します。
  • 商標登録のすべてを自分で進めるのでない限り、特許庁の手数料に加えて、専門家やサービスを利用する費用が必要になります。

「区分」はその商標を利用する商品やサービスの分類です。詳細は「区分とは」を参照してください。

特許庁へ納める手数料

まず、商標登録を出願して登録した場合(出願時、登録時、更新時)に、特許庁へ納める手数料を整理しましょう。

出願時
3,400円+(区分数×8,600円)
登録時
登録料は10年一括で支払うか、5年ごとの2分割で支払うかを選ぶことができます。

10年一括
区分数×28,200円
5年ごと分割(前期・後期)
区分数×16,400円

更新登録申請時
更新料も登録料と同様に、10年一括で支払うか、5年ごとの2分割で支払うかを選ぶことができます。

10年一括
区分数×38,800円
5年ごと分割(前期・後期)
区分数×22,600円

商標登録が順調にいった場合、特許庁へ納める費用はこれだけになります。

専門家のコメント

上記費用はあくまで、うまくいった場合です。

例えば、出願後に特許庁から出願内容を認められないということで拒絶理由通知が届く可能性があります。その場合、審査内容に不服を申し立てて再度審査してもらうことができますが、そのときにも手数料を納めなくてはなりません。
これを「審判(再審)請求」と呼びます。

審判(再審)請求
15,000円+(区分数×40,000円)

出願してみたら商標が他者に登録されているため登録許可できない可能性もあります。その場合、すでに登録している商標に異議を申し立てることができます。そしてそのときも手数料を納めなくてはなりません。

商標(防護標章)登録異議申立
3,000円+(区分数×8,000円)

このように商標登録が順調にいっていた場合は気づかない費用があることは頭の片隅においてください。

専門家やサービスを利用したときの手数料

特許庁へ支払う金額は上述の通りなのですが、出願に伴ってサービスを利用すると費用が変わってきます。