商標登録出願の流れ

商標登録出願は、次のような流れになります。

  • 1. 商標の案を考える
  • 2. 考えた商標案が登録できるか確認する
  • 3. 商標案をどの区分で登録するか考える
  • 4. 書類を作り出願する(出願料を支払う)
  • 5. 特許庁の審査結果を待つ
  • 6. 商標登録できないとの通知があれば再度対応する
  • 7. 商標登録できるととの通知があれば登録費用を支払う
  • 8. 登録された商標を利用する

登録されるところでは終わりではなく、商標は更新しなくてはなりませんので更新も忘れずにいてください。

  • 9. 更新手続きを行う
専門家のコメント

商標登録は「出願する」ものでしょうか。それとも「申請する」ものでしょうか。
出願は「願い出ること」を意味します。一方、申請は「(国や公共団体の機関に)許可・認可等を求めること」を意味します。
商標登録は、特許登録と同様にその権利を「願い出る」ものであり、「許可される」ものではないため、商標登録出願ではなく商標登録出願が正しい表現になります。

商標登録出願の詳細を説明します。

1. まず登録出願する商標の案を準備します。
本ドキュメントを閲覧いただいている方は、すでに商標案があるのではないかと思いますが、まだ検討中であれば、ネーミングを考える視点が参考になります。

2. 商標案ができましたら、つぎはすでに登録されていないかを確認します。登録済みの商標は特許庁が検索システムを提供していますし、Cotoboxでも特許庁のデータを活用した商標検索を提供していますので、それらを利用してください。
詳細は 「商標確認・調査はどういったやりかたでやるの?」を確認ください。

3. 商標は、商標を利用する商品やサービスを指定して登録出願します(「商標権とは」を確認ください)。利用する商品やサービスの指定に関係するのが、区分です。
区分は、商標が利用される商品やサービスを45分類したものになります。45区分の中から商標の希望用途に合わせた区分を必要な分指定します。詳細は「区分とは」を確認ください。

4. 商標の登録可能性を確認し、区分も決まりましたら出願用紙を埋めます。出願用紙は特許庁のホームページでダウンロードできます。内容を確認してみると商標登録出願のイメージがつくと思います。

「出願の事前手続き様式一覧 | 特許庁」
http://www.jpo.go.jp/e_shutugan/isdn/isdn_yoshiki.htm


書類をまとめたら出願です。
特許庁の情報をみると、出願はオンラインでもできると書いてありますが、実際は特許庁にオンラインで手続きすることを認めてもらう必要があり、負担が大きく現実的ではありません。オンラインでの出願は大量にかつ継続的に商標を出願する場合に検討すべき方法です。数件程度の商標登録を出願する場合は、一般的に手持ちまたは郵送で特許庁に出願することになります。

5. 出願したら特許庁の審査を待ちます。審査の期間は半年ほどと言われますが、場合によってそれよりも長くなることがあります。この待ちの時間が商標登録の戦略を考えるときのポイントになります。

6. 特許庁のデータで確認する限り、検討中の商標案がまだ登録されていなかったとしても、そのことで商標登録が認められるとは言い切れません。すでに登録された商標と類似していると思われる場合、特許庁は許可しません。また、それ、産地名であったり品質であったりと、あなたの商品やサービスを他と区別できない場合、また公序良俗に反するものも出願は拒絶されます。
出願が拒絶された場合、その理由部分を修正し、再度出願することが可能です。

7. 特許庁から登録査定の通知が届くと、出願していた商標を登録できるということですので、登録料を特許庁に納めます。
なお、商標の登録査定が出た場合、必ず登録料を支払わないといけないではありません。気が変わったなどの理由でそのままにすることも可能です。この仕組みを逆手にとって大量に出願しておくという手法も取り得ます。ただし、出願時には出願料を当然納めなくてはなりませんし、手間もそれだけかかります。ビズネスを推進しなくてはならない立場を考えると商標を数多く登録するよりも、サービスの開発に時間を費やすべきだと考えます。

8. 登録料を納めたあとに、登録証が発行されたら、商標権が認められたことになります。

以上が商標登録を出願するときの流れになります。