商標の区分の調べ方 ~自分の業界の区分をすぐに見つける方法 - オンライン商標登録 - 簡単商標登録手続き | Cotobox(コトボックス)

商標の区分の調べ方 ~自分の業界の区分をすぐに見つける方法

商標登録を目指す場合、あなたが登録したい名称またはロゴに加え、商標を利用する際の商品やサービスが含まれる区分(類)を選択します。

しかし、区分を選択するとき、以下の悩みを抱えている方は多いのではないでしょうか。

・自分の業界の区分が分からない
・区分をいくつ選択すればいいか分からない
・区分について調べているが、専門用語が多すぎて分からない

この記事では、自分の商品・サービスに近い区分を見つけ、すぐにオンラインで出願できる方法をご紹介します。

1.なぜ区分の調査は難しいのか

商標登録を目指す場合、あなたが登録したい名称またはロゴに加え、商標を利用する際の商品やサービスが含まれる区分(類)を願書に記載して出願します。

願書に書くだけ、と考えると簡単そうに思えますが、実は自分の業界に関係する区分を見極めるのは大変難しい作業です。難しいとされている理由に、以下の2点が挙げられます。

区分の調査が難しい理由①:特許庁資料は選択肢が多すぎるから

まずは、特許庁が公開している代表的な商品またはサービスの区分を紹介した資料を見てみましょう。

各区分の代表的な商品・役務(PDF)

ご覧のとおり、13ページにも及ぶ膨大な種類の選択肢が存在します。この中から自分の商品・サービスを見つけようとしても、多くの時間を要してしまいます。また、せっかく見つけても、自分の業界に近いと思われる商品・サービスの候補がたくさんありすぎて、選ぶことができない、となる人も多いのです。

区分の調査が難しい理由②:聞き慣れない用語が多いから

自分の始める事業の内容を全く知らない方はいないでしょう。
例えば、ラーメン屋さんを始めたい、WEB開発の会社をつくりたいなど、商品やサービスについての計画を持っているはずです。

しかし、ラーメン屋だからといって特許庁の資料を見ても「ラーメン屋」という項目は見当たりません。
特許庁の資料における商品・サービスの記載は、以下のようになっています。

このように、特許庁の資料では聞き慣れない用語が多く並んでいるため、自分の始めたい事業に合っているか分からない状態に陥ってしまうのです。

 

2.業界別の区分一覧(22種類)

■自分の業界の区分を見つけて、商標検索してみよう

今回は区分で迷っている人のために、業界別の区分一覧を作成しました

業界の区分一覧は、単に区分の情報をまとめだだけではありません。それぞれの項目にCotoboxのリンクを埋め込んでいます。これにより、自分の業界の区分と、商標検索の結果をすぐに知ることができます。

ご自身の事業に近いリンクをクリックしてください。Cotobox上で自分の業界の区分と商標の検索結果をすぐに知ることができます。

<活用方法>
① 以下(1)~(20)の中で近いと思う業界の区分を見つける
② 「~に関する区分はこちらをクリック」をクリック
③ リンク先にて、出願したい名称と読みがなを入れると、類似商標の有無をすぐに確認できます

(1)オンラインビジネス・クラウドサービス

商標検索:クラウドサービスに関する区分はこちらをクリック
おすすめ区分候補:42
関連キーワード:クラウド

(2)WEB受託開発(サイトやソフトなど)

商標検索:受託開発に関する区分はこちらをクリック
おすすめ区分候補:42
関連キーワード:受託開発

(3)アプリ開発

商標検索:アプリ開発に関する区分はこちらをクリック
おすすめ区分候補:9(アプリそのもの)、42(オンラインでの提供サービス)
関連キーワード:アプリ
備考:アプリの内容によって選択する項目が変わる場合があります

(4)コンテンツ事業

商標検索:コンテンツ事業に関する区分はこちらをクリック
おすすめ区分候補:35
関連キーワード:広告コンテンツ

(5)SNSアプリ

商標検索:SNSサービス開発に関する区分はこちらをクリック
おすすめ区分候補:9, 35, 45など
関連キーワード:ソーシャルネットワーク コンテンツ
備考:単にSNSを活用した活動をしている方は該当しません

(6)自社商品(OEM販売含む)

商品は多岐にわたるため、こちらをクリックしたあと「商標の使い道や関連するキーワードを入力」という検索欄に、枕、化粧品、家具、文具など、販売したい商品の一般的なカテゴリ名を入力して検索してみましょう。

(7)ECサイト名や小売店など(商品ではなく、店の名前)

おすすめの区分は35類です。
しかし、ECサイト名や小売店の名前は、何を販売するかによって選択する項目が大きく変わります。
こちらをクリックしたあと「商標の使い道や関連するキーワードを入力」という検索欄に、「小売 酒」「小売 服」などと入力して検索してみましょう。

(8)飲食店

商標検索:飲食店に関する区分はこちらをクリック
おすすめ区分候補:43(店名)、30(テイクアウト)
関連キーワード:飲食店

(9)食品会社、生産者の方

おすすめ区分候補は29~33です。
何を販売するかによって選択する項目が大きく変わります。
こちらをクリックしたあと「商標の使い道や関連するキーワードを入力」という検索欄に、「肉 酒」「野菜」「ジュース」などと入力して検索してみましょう。

(10)アパレル店、ジュエリーショップなど

商標検索:アパレルに関する区分はこちらをクリック
おすすめ区分候補:25ほか多数(自社ブランド商品), 35(セレクトショップなどの店名)
関連キーワード:アパレル

(11)美容室

商標検索:美容室に関する区分はこちらをクリック
おすすめ区分候補:44
関連キーワード:美容

(12)アロマセラピー

商標検索:アロマセラピーに関する区分はこちらをクリック
おすすめ区分候補:44
関連キーワード:アロマ

(13)経営コンサル(企業向け)

商標検索:経営コンサルに関する区分はこちらをクリック
おすすめ区分候補:35
関連キーワード:経営

 

(14)教育、教室、コンサル(一般向け)、セミナーなど

商標検索:セミナー等に関する区分はこちらをクリック
おすすめ区分候補:41
関連キーワード:セミナー

(15)旅行業、ツアー企画など

商標検索:旅行業に関する区分はこちらをクリック
おすすめ区分候補:39, 43
関連キーワード:旅行

(16)宿泊業、ホテル運営など

商標検索:宿泊業に関する区分はこちらをクリック
おすすめ区分候補:39, 43
関連キーワード:宿泊

(17)金融

商標検索:金融に関する区分はこちらをクリック
おすすめ区分候補:36
関連キーワード:金融

(18)証券

商標検索:証券に関する区分はこちらをクリック
おすすめ区分候補:36
関連キーワード:証券

(19)保険

商標検索:保険に関する区分はこちらをクリック
おすすめ区分候補:36
関連キーワード:保険

(20)不動産業

商標検索:不動産に関する区分はこちらをクリック
おすすめ区分候補:36
関連キーワード:建物

(21)プロモーション・デザイン関係

商標検索:プロモーション・デザインに関する区分はこちらをクリック
おすすめ区分候補:35,42
関連キーワード:プロモーション、デザイン

(22)医療関係

商標検索:医療に関する区分はこちらをクリック
おすすめ区分候補:5, 10, 44
関連キーワード:医療

 

3.Cotoboxでは、区分選択のサポートが可能です

Cotoboxは、オンラインで商標検索ができ、出願依頼も可能なプラットフォームです。
もし検索後に不安があったとしても、以下のサポートを受けることができます。

 

 

まずは、そのネーミングが商標登録できるかどうかを確認しましょう。

無料アカウント登録

詳細の見積もりが取れるのはもちろんですが アカウント登録の方には
「商標の使い方や時事ネタ」など
様々な情報をお届けいたします。 御社の知財を活用するために
ぜひ情報をお持ち帰りください。

TOPへ戻る

まず、自社のサービスが商標登録されていないか確認したい方はこちらから

関連記事

商標の区分 第9類とは?

この記事では、商標区分の第9類について解説します。区分一覧について知りたい場合、こちらの記事もご覧ください。 <商標の区分とは ~45種類を全部解説します> https://cotobox.com/primer/trademark-class/ 第9類 – 電気制御用の機械器具 第9類は、情報処理のための機械器具、磁気媒体に記録されたソフトウェア、ネ

商標の更新を忘れた! 期限切れだっ

「商標の更新を忘れてしまった方や、期限日を過ぎているかもしれないと不安になっている方はいませんか? 既に登録した商標について、期限日を迎えたあとも使用したいときは、更新の手続きを行います。この更新手続きは、「商標権の更新」や「登録商標の更新」とも呼ばれています。更新が必要な場合、存続期間の更新登録の申請によって10年の存続期間を何度でも更新することがで

商標の区分 第37類とは?

この記事では、商標区分の第37類について解説します。区分一覧について知りたい場合、こちらの記事もご覧ください。 <商標の区分とは ~45種類を全部解説します> https://cotobox.com/primer/trademark-class/ 第37類 – 建設、工事、修理 第37類は、工事サービス、修理サービスなど、人が動いて物理的に技術で解決