商標の区分 第43類とは?

この記事では、商標区分の第43類について解説します。区分一覧について知りたい場合、こちらの記事もご覧ください。
<商標の区分とは ~45種類を全部解説します>
https://cotobox.com/primer/trademark-class/

第43類 – 飲食、宿泊

第43類は、飲食店の経営者、ホテルや旅館の運営、保育所の運営、老人ホームの運営、貸会議室などのサービスがあてはまります。たとえば、レストランやバー、ホテル事業者、ホテルの予約サービス、ペットホテル、展示施設の運営、おしぼり・タオル・枕などの提供サービス、家具レンタルサービスなどです。ただし、お弁当やテイクアウトサービスの提供(30類)、飲食物の加工サービス(40類)、家・アパートなど長期間の賃貸サービス(36類)、旅行の予約サービス・旅行企画やガイドのサービス(39類)、介護施設(44類)、学校教育法に定められる幼稚園(41類)、ベビーシッターやその派遣サービス(45類)などは別の区分となります。またまた、業種により他の区分取得も視野に入れるべき場合もあります。

 

詳細

作成中です

 

まずは、そのネーミングが商標登録できるかどうかを確認しましょう。

関連記事

商標の区分 第24類とは?

この記事では、商標区分の第24類について解説します。区分一覧について知りたい場合、こちらの記事もご覧ください。 <商標の区分とは ~45種類を全部解説します> https://cotobox.com/primer/trademark-class/ 第24類 – 織物、カバー 第24類は、 織物(反物)、織物のカバー製品などがあてはまります。たとえば、

Amazonブランド登録の商標登録

Amazonの規約では、「同じ商品であれば、1つの商品カタログページで出品しなければならない」ルールがあります。 Amazonで出品する際に相乗り業者を防ぐことができる「Amazonブランド登録」の動きが活発化しています。しかし、Amazonブランド登録は承認制であり、Amazonが提示する要件を満たした登録商標を用意しなければなりません。 この記事

商標登録の費用と相場 ~ 3分で詳

あなたは、「自分のビジネスのネーミングが真似されないようにしたい」と考えた時、いくら払いますか?10万円ですか?15万円ですか?(もし専門家や業者に代行してもらうと、実際これくらいの額を請求されます。)  しかし、最低1つの区分でとるのであれば、3万~4万円程度で済ませることが可能です。もしもオンラインサービスを利用した場合でも、プラス1万円程度で済み