商標の区分 第43類とは?

この記事では、商標区分の第43類について解説します。区分一覧について知りたい場合、こちらの記事もご覧ください。
<商標の区分とは ~45種類を全部解説します>
https://cotobox.com/primer/trademark-class/

第43類 – 飲食、宿泊

第43類は、飲食店の経営者、ホテルや旅館の運営、保育所の運営、老人ホームの運営、貸会議室などのサービスがあてはまります。たとえば、レストランやバー、ホテル事業者、ホテルの予約サービス、ペットホテル、展示施設の運営、おしぼり・タオル・枕などの提供サービス、家具レンタルサービスなどです。ただし、お弁当やテイクアウトサービスの提供(30類)、飲食物の加工サービス(40類)、家・アパートなど長期間の賃貸サービス(36類)、旅行の予約サービス・旅行企画やガイドのサービス(39類)、介護施設(44類)、学校教育法に定められる幼稚園(41類)、ベビーシッターやその派遣サービス(45類)などは別の区分となります。またまた、業種により他の区分取得も視野に入れるべき場合もあります。

 

詳細

作成中です

 

まずは、そのネーミングが商標登録できるかどうかを確認しましょう。

関連記事

商標の申請をオンラインで行う方法

自分で商標登録をするのは、多くの時間がかかります。   まず、自分が登録したい名称について、同じ名称や似ている名称がないかをチェックしなければなりません。例えば、あなたが「ABCファッショナブル」という名称を商標登録したいと考えてみましょう。もし、少し似ている「ABCファッション」という名称が既に他人によって商標登録されていた場合、あなたの名称を登

アパレル業界事例
ブランド名・アパレル製品の商標登録

せっかく商標登録をしようとしても、どの区分を選択すればよいかわからないことはありませんか? Cotoboxでは商標登録についてブランドなど区分、分類に関する多くの問い合わせがあります。区分を調べることは決して容易いものではありません。 この記事では、「アパレル・ブランド商品の区分はどれにすればいいんだろう? 」という疑問に対し、検討材料となる事例

商標の登録料、成功報酬の相場

「商標登録の手続きをする場合、登録する際の費用はどれくらいかかるのだろう?」という疑問はありませんか?商標登録の手続きでは、出願時に加え、登録時も料金支払のタイミングがあります。 はじめて商標登録をするので料金相場が分からない 登録時にいくら支払えばいいのか分からない 弁理士報酬の相場が分からない このようなことでお困りの方のため