商標の区分 第38類とは?

この記事では、商標区分の第38類について解説します。区分一覧について知りたい場合、こちらの記事もご覧ください。
<商標の区分とは ~45種類を全部解説します>
https://cotobox.com/primer/trademark-class/

第38類 – 電気通信

第38類は、人に対しなにかを伝達・通信するサービスなど通信のプラットフォームを提供しているものを中心に分類されています。たとえば、テレビ局、ラジオ局、ネット配信のプラットフォーム、アプリなどでタイムライン(掲示板)機能を有するサービスなどです。ただしラジオ広告、ネットなどのコンテンツ動画や画像の作成は別の区分になります。また、業種により他の区分取得も視野に入れるべき場合もあります。

 

詳細

作成中です

 

まずは、そのネーミングが商標登録できるかどうかを確認しましょう。

関連記事

商標の早期審査にかかる費用

商標が登録になるまでの時間が長すぎると思ったことはありませんか?現在、商標出願を終えて特許庁からの審査結果が通知されるまでは、約11ヶ月かかります。 きっと、11ヶ月の間に以下のような急を要することも出てくるでしょう。 ビジネスの状況により、早く商標の権利化を進めたい 早く審査結果が知りたい 登録できないリスクを想定し、早めに手を

商標の区分 第3類とは?

この記事では、商標区分の第3類について解説します。区分一覧について知りたい場合、こちらの記事もご覧ください。 <商標の区分とは ~45種類を全部解説します> https://cotobox.com/primer/trademark-class/ 第3類 – 洗浄剤、化粧品 第3類は、洗濯に使用する洗浄剤や、化粧品などがあてはまります。たとえば、歯磨き

商標の更新を忘れた! 期限切れだっ

「商標の更新を忘れてしまった方や、期限日を過ぎているかもしれないと不安になっている方はいませんか? 既に登録した商標について、期限日を迎えたあとも使用したいときは、更新の手続きを行います。この更新手続きは、「商標権の更新」や「登録商標の更新」とも呼ばれています。更新が必要な場合、存続期間の更新登録の申請によって10年の存続期間を何度でも更新することがで