商標の区分 第38類とは?

この記事では、商標区分の第38類について解説します。区分一覧について知りたい場合、こちらの記事もご覧ください。
<商標の区分とは ~45種類を全部解説します>
https://cotobox.com/primer/trademark-class/

第38類 – 電気通信

第38類は、人に対しなにかを伝達・通信するサービスなど通信のプラットフォームを提供しているものを中心に分類されています。たとえば、テレビ局、ラジオ局、ネット配信のプラットフォーム、アプリなどでタイムライン(掲示板)機能を有するサービスなどです。ただしラジオ広告、ネットなどのコンテンツ動画や画像の作成は別の区分になります。また、業種により他の区分取得も視野に入れるべき場合もあります。

 

詳細

作成中です

 

まずは、そのネーミングが商標登録できるかどうかを確認しましょう。

関連記事

食品業界事例
飲食店の名前を商標登録してみよう

せっかく商標登録をしようとしても、どの区分を選択すればよいかわからないことはありませんか? Cotoboxでは商標登録についてブランドなど区分、分類に関する多くの問い合わせがあります。 しかし、区分は決してわかりやすいものではありません。この記事では、「飲食店の区分はどれにすればいいんだろう? 」という疑問に対し、検討材料となる事例をご紹介します

商標の区分 第10類とは?

この記事では、商標区分の第10類について解説します。区分一覧について知りたい場合、こちらの記事もご覧ください。 <商標の区分とは ~45種類を全部解説します> https://cotobox.com/primer/trademark-class/ 第10類 – 医療器具 第10類は、医療用機器、医療用品、ゴム製の衛生用品などがあてはまります。たとえば

商標の区分 第31類とは?

この記事では、商標区分の第31類について解説します。区分一覧について知りたい場合、こちらの記事もご覧ください。 <商標の区分とは ~45種類を全部解説します> https://cotobox.com/primer/trademark-class/ 第31類 – 穀物、魚、果実、種 第31類は、未加工の生鮮野菜や果実、主旨や自然の植物や花、生きている動