商標の区分 第40類とは?

この記事では、商標区分の第40類について解説します。区分一覧について知りたい場合、こちらの記事もご覧ください。
<商標の区分とは ~45種類を全部解説します>
https://cotobox.com/primer/trademark-class/

第40類 – 物品の加工、処理

第40類は、受託生産サービスなどがあてはまります。たとえば、印刷サービス、製本、木材/金属の加工、裁縫、レンタルサービスなどです。ただし、修理サービス、受注による車の塗装などは別の区分になり、レンタルサービスは製品などによって該当可否が異なります。また、業種により他の区分取得も視野に入れるべき場合もあります。

 

詳細

作成中です

 

まずは、そのネーミングが商標登録できるかどうかを確認しましょう。

関連記事

商標の区分 第13類とは?

この記事では、商標区分の第13類について解説します。区分一覧について知りたい場合、こちらの記事もご覧ください。 <商標の区分とは ~45種類を全部解説します> https://cotobox.com/primer/trademark-class/ 第13類 – 火器 第13類は、銃火器、火薬類、花火などがあてはまります。たとえば、銃、迫撃砲、地雷、ロ

商標の登録料、成功報酬の相場

「商標登録の手続きをする場合、登録する際の費用はどれくらいかかるのだろう?」という疑問はありませんか?商標登録の手続きでは、出願時に加え、登録時も料金支払のタイミングがあります。 はじめて商標登録をするので料金相場が分からない 登録時にいくら支払えばいいのか分からない 弁理士報酬の相場が分からない このようなことでお困りの方のため

この区分を含んだSNSの例
SNSサービスの区分は?

せっかく商標登録をしようとしても、どの区分を選択すればよいかわからないことはありませんか? Cotoboxでは商標登録についてブランドなど区分、分類に関する多くの問い合わせがあります。 しかし、区分を調べることは決してわかりやすいものではありません。この記事では、「SNS業界の区分はどれにすればいいんだろう? 」という疑問に対し、検討材料となる事