商標の区分 第24類とは?

この記事では、商標区分の第24類について解説します。区分一覧について知りたい場合、こちらの記事もご覧ください。
<商標の区分とは ~45種類を全部解説します>
https://cotobox.com/primer/trademark-class/

第24類 – 織物、カバー

第24類は、 織物(反物)、織物のカバー製品などがあてはまります。たとえば、ベッドカバー、メリヤス生地、フェルト記事、のぼり、椅子カバーなどです。ただし、ベッド、セーター、クッションなどは別の区分になります。

 

無料アカウント登録

アカウント登録後、Cotoboxサポートチームが
「区分の選び方や、出願までの流れ」など、あなたの悩みを解消します。

 

 

詳細

織物

この商品は、生地の段階のもののみが該当し、生地を原材料として、特殊な形態、寸法に加工したもの、例えば「スーツ」は、この商品には含まれず、第25類「被服」に属します。同様に、「ズボンつり地」や「ゲートル地」に加工を施した「ズボンつり」や「ゲートル」は、この商品には含まれず、第25類「ズボンつり」「ゲートル」に属します。

 

メリヤス生地

この商品は、綿糸・毛糸などをループ状の編み目の集合により、よく伸縮するように編んだもので、生地の段階のもののみが該当し、メリヤス生地を原材料として、特殊な形態、寸法に加工したもの、例えば「セーター」は、この商品には含まれず、第25類「被服」に属します。

 

フェルト及び不織布

この商品は、「フェルト」や「不織布」等、生地の段階のもののみが該当し、例えば、「不織布」を原材料として、特殊な形態、寸法に加工したもの、例えば不織布製の「衛生マスク」は、この商品には含まれず、第5類に属します。

 

オイルクロス、ゴム引防水布、ビニルクロス、ラバークロス、レザークロス、ろ過布

これらの商品は、主として合成樹脂、ゴム等を用いて防水加工等特殊加工を施した布地が該当します。

 

布製身の回り品

この商品には、「手ぬぐい」等の家庭用の繊維製品であって、他の類に属さないものなお、「紙製タオル」等は、この商品には含まれず、第16類に属します。

 

かや、敷布、布団、布団カバー、布団側、まくらカバー、毛布

これらの商品は、「寝具類」に該当する商品のうち、敷布・布団カバー・まくらカバー等のベッド用リネン製品や毛布が該当します。なお、「クッション」、「座布団」等のリネン製品を除く「寝具類」については、第20類に属します。

 

織物製テーブルナプキン

この商品は、食事の際に、油などの飛散による衣服の汚れを防止したり、食後に口の周りを拭いたりするための布が該当します。なお、「紙製テーブルナプキン」は、この商品には含まれず、第16類に属します。

 

ふきん

この商品は、食器類を拭く小さな布が該当します。また、この商品と類似群は同じですが、国際分類に即して、第16類(紙製ごみ収集用袋、プラスチック製ごみ収集用袋)及び第21類(清掃用具及び洗濯用具)に属する商品も存在します。

 

シャワーカーテン

この商品は、浴室内で使用する商品で、シャワー使用時の水の飛散を防ぐために、浴槽やバスルームに吊り下げる防水カーテンが該当します。また、この商品と類似群は同じですが、国際分類に即して、第21類(湯かき棒。浴室用腰掛け、浴室用手おけ)及び第27類(洗い場用マット)に属する商品が存在します。なお、この商品とは類似群は異なりますが、「シャワー器具」や「浴槽」等の商品は、第11類「浴槽類」に属します。

 

のぼり及び旗(紙製のものを除く。)

「のぼり」及び「旗」は、紙製以外の商品は本類に、紙製のものは第16類に属します。また、この商品と類似群が同じ商品「旗ざお」は第20類に属します。

 

織物製トイレットシートカバー

この商品は、織物製の便座カバー等が該当します。また、この商品と類似群は同じですが、国際分類に即して、第11類(洗浄機能付き便座洗面所用消毒剤ディスペンサ一等)及び第21類(トイレットペーパーホルダー)に属する商品が存在します。

 

織物製椅子カバー、織物製壁掛け、カーテン、テーブル掛け、どん帳

これらの商品は、カーテンやどん帳等、主として織物製の屋内に設置する商品が該当します。

 

遺体覆い、経かたびら、黒白幕、紅白幕

これらの商品は、「葬祭用具」に該当する商品であって、「黒白幕」や「紅白幕」等布製の商品が該当します。なお、これらの商品と類似群は同じですが、国際分類に即して、第6類(金属製の墓標及び墓碑用銘板)、第19類(金属製のものを除く墓標及び墓碑用銘板)、第20類(葬祭用具)、第21類(香炉)、第26類(造花の花輪)及び第31類(生花の花輪)に属する商品が存在します。

 

ビリヤードクロス

この商品は、ビリヤード(玉突き)の台に張る紡毛織物が該当します。また、この商品と類似群が同じ「遊戯用器具ビリヤード用具」は第28類に属します。

 

 

 

 

 

すぐに自分の業界に近い区分を知りたい場合、こちらの記事をご覧ください。

 

 商標の区分一覧
1類 | 2類 | 3類 | 4類 | 5類 | 6類 | 7類 | 8類 | 9類 | 10類 | 11類 | 12類 | 13類 | 14類 | 15類 | 16類 | 17類 | 18類 | 19類 | 20類 | 21類 | 22類 | 23類 | 24類 | 25類 | 26類 | 27類 | 28類 | 29類 | 30類 | 31類 | 32類 | 33類 | 34類 | 35類 | 36類 | 37類 | 38類 | 39類 | 40類 | 41類 | 42類 | 43類 | 44類 | 45類

 

まずは、そのネーミングが商標登録できるかどうかを確認しましょう。

無料アカウント登録

詳細の見積もりが取れるのはもちろんですが アカウント登録の方には
「商標の使い方や時事ネタ」など
様々な情報をお届けいたします。 御社の知財を活用するために
ぜひ情報をお持ち帰りください。

Cotoboxトップページへ移動

まず、自社のサービスが商標登録されていないか確認したい方はこちらから

関連記事

商標の区分 第44類とは?

この記事では、商標区分の第44類について解説します。区分一覧について知りたい場合、こちらの記事もご覧ください。 <商標の区分とは ~45種類を全部解説します> https://cotobox.com/primer/trademark-class/ 第44類 – 医療、美容、農林 第44類は、人や動物への医療ケア・美容ケア・衛生ケア、医療サービス、園芸

なぜ商標登録をするのか?
なぜ商標登録が必要なのか? ~わか

そもそも、商標登録は必要なのでしょうか? 商標登録のメリットはなんでしょうか? ビジネスを進めていると、知り合いや友人から「それは商標登録したほうがいいよ」「そういえば商標登録したの?」とアドバイスをもらうことがあります。 この記事では、商標登録の必要性について解説します。 1.商標登録は、もはや前提条件 商標登録は、したほうがよいのか?

商標の区分 第10類とは?

この記事では、商標区分の第10類について解説します。区分一覧について知りたい場合、こちらの記事もご覧ください。 <商標の区分とは ~45種類を全部解説します> https://cotobox.com/primer/trademark-class/ 第10類 – 医療器具 第10類は、医療用機器、医療用品、ゴム製の衛生用品などがあてはまります。たとえば