オンライン商標登録サービス「コトボックス」
03-6875-2540(平日10時-17時30分) 無料で利用(会員登録)
お問合せ
close

商標の区分 第13類とは?

この記事では、商標区分の第13類について解説します。区分一覧について知りたい場合、こちらの記事もご覧ください。
<商標の区分とは ~45種類を全部解説します>
https://cotobox.com/primer/trademark-class/

第13類 – 火器

第13類は、銃火器、火薬類、花火などがあてはまります。たとえば、銃、迫撃砲、地雷、ロケット弾、爆竹、花火、護身用スプレーなどです。ただし、護身用警棒、マッチ、おもちゃのピストルなどは別の区分になります。

 

無料アカウント登録

アカウント登録後、Cotoboxサポートチームが
「区分の選び方や、出願までの流れ」など、あなたの悩みを解消します。

 

 

詳細

銃砲

この商品には、弾丸を発射させる機械器具並びにその部品及び附属品が含まれます。この商品の下位概念に列挙した商品のうち、「銃身」「銃床」「弾倉」「砲架」等は部品及び附属品ですが、これ以外のものでも弾丸を発射させる機械器具の部品及び附属品は、この商品に含まれます。なお、主として水中スポーツ用として取引される「水中銃」は、この商品には含まれず、第28類「サーフィン用・水上スキー用・スキューバダイビング用運動用具」に属します。また、主として運動競技のスタート用に使用される「ピストル」は、この商品には含まれず、第28類「運動用具(登山用・サーフィン用・水上スキー用・スキューバダイビング用のものを除く。)」に、同様に「おもちゃのピストル」は第28類「おもちや」に属します。

 

 

銃砲弾、火薬、爆薬、火工品及びその補助器具

これらの商品には、「火薬」、「爆薬」や「花火玉」等を含む火工品が該当します。

 

戦車

この商品は、武装・装甲した車体にキャタピラーを備えた攻撃用兵器が該当します。

 

 

 

 

 

すぐに自分の業界に近い区分を知りたい場合、こちらの記事をご覧ください。

 

 商標の区分一覧
1類 | 2類 | 3類 | 4類 | 5類 | 6類 | 7類 | 8類 | 9類 | 10類 | 11類 | 12類 | 13類 | 14類 | 15類 | 16類 | 17類 | 18類 | 19類 | 20類 | 21類 | 22類 | 23類 | 24類 | 25類 | 26類 | 27類 | 28類 | 29類 | 30類 | 31類 | 32類 | 33類 | 34類 | 35類 | 36類 | 37類 | 38類 | 39類 | 40類 | 41類 | 42類 | 43類 | 44類 | 45類

 

関連記事

なぜ商標登録をするのか?
なぜ商標登録が必要なのか? ~わか

そもそも、商標登録は必要なのでしょうか? 商標登録のメリットはなんでしょうか? ビジネスを進めていると、知り合いや友人から「それは商標登録したほうがいいよ」「そういえば商標登録したの?」とアドバイスをもらうことがあります。 この記事では、商標登録の必要性について解説します。 1.商標登録は、もはや前提条件 商標登録は、したほうがよいのか?

商標の区分 第8類とは?

この記事では、商標区分の第類について解説します。区分一覧について知りたい場合、こちらの記事もご覧ください。 <商標の区分とは ~45種類を全部解説します> https://cotobox.com/primer/trademark-class/ 第8類 – 手動工具 第8類は手で使用する工具などがあてはまります。たとえば、ナイフ、フォーク、ピンセット、

商標の登録料、成功報酬の相場

「商標登録の手続きをする場合、登録する際の費用はどれくらいかかるのだろう?」という疑問はありませんか?商標登録の手続きでは、出願時に加え、登録時も料金支払のタイミングがあります。 はじめて商標登録をするので料金相場が分からない 登録時にいくら支払えばいいのか分からない 弁理士報酬の相場が分からない このようなことでお困りの方のため

無料アカウント登録

詳細の見積もりが取れるのはもちろんですが アカウント登録の方には
「商標の使い方や時事ネタ」など
様々な情報をお届けいたします。 御社の知財を活用するために
ぜひ情報をお持ち帰りください。