商標権とは

1.商標権とは

商標権は、商品やサービスについた目印である商標を保護することを目的とする権利です。

ビジネスを進める立場からみたとき、商標権で把握すべきポイントは、まず次の4つです。

(1)商標は自動的に権利が認められるものではありません
(2)商標権はそれを利用する商品やサービスとセットで認められます
(3)商標権は先に出願されたものが優先して登録されます
(4)すべての名称やロゴが商標として認められるわけではありません

詳しく説明しましょう。

(1)商標は自動的に権利が認められるものではありません

商標は特許庁に出願して、登録を認められて、手続きを完了することで商標権を主張できます。

 

(2)商標権はそれを利用する商品やサービスとセットで認められます

商標は、その商標を利用する商品やサービスを指定して登録されます。あるネーミングやロゴを一度登録してしまえば、すべての商品やサービスで商標権を主張できるわけではありません。あくまでその商標を利用する商品やサービスに限ってです。

仮に他の商品やサービスで利用する場合、その都度登録する必要があります。商標登録は商品やサービスがまだ存在しない段階でも出願できますが、その場合もどういった商品やサービスで利用するのかを指定する必要があります。

(3)商標権は先に出願されたものが優先して登録されます

商標は先に出願されたものから登録する権利が与えられます。そのため、昔から自社で使っているネーミングやロゴであっても、他社が出願し登録してしまうと、あなたが商標権を侵害している側になってしまいます。

(4)すべての名称やロゴが商標として認められるわけではありません

他と違うネーミングやロゴであったとしても、そのすべてが商標として認められるわけではありません。他者がすでに登録しているものと同一の商標は当然登録できませんが、すでに登録された商標と類似していると思われる場合も出願は特許庁に拒絶されます。

それ以外に、産地であったり品質であったりと、あなたの商品やサービスを他と区別できない場合や、公序良俗に反するものも出願は拒絶されます。

 

2.まとめ

これらの商標権の特徴から言えることは、商標登録しないまま、あなたがあなたの商品やサービスの目印として長年使ってきたネーミングやロゴであったとしても、商標権が認められない場合があるということです。

そして、商標権侵害として訴えられられる場合もありますし、ブランディングしてきた時間も無駄にすることにもなってしまいます。

このように考えると、商標登録はやる/やらないで悩むものではなく、やるべきもの。いつどのタイミングでどのようにやるかを考えるべきものであることがわかっていただけると思います。

まずは、そのネーミングが商標登録できるかどうかを確認しましょう。

無料アカウント登録

詳細の見積もりが取れるのはもちろんですが アカウント登録の方には
「商標の使い方や時事ネタ」など
様々な情報をお届けいたします。 御社の知財を活用するために
ぜひ情報をお持ち帰りください。

Cotoboxトップページへ移動

まず、自社のサービスが商標登録されていないか確認したい方はこちらから

関連記事

2020年最新版 外国出願の際に活

前回の記事では、東京都内で利用可能な補助金/助成金についてご紹介しました。 今回は趣向を変えて、外国出願の際に活用できる補助金についてご案内します。 本記事では、各都道府県でどのような補助金が支給されるのかリストにまとめました。まだ情報が公開されていない都道府県については、随時更新を予定しております。外国における商標の取得は、グローバルな販路の開拓や

会社名は商標登録すべき? 1つの基

  自分の会社名は、商標登録した方がいいのでしょうか? これから起業するにあたって、会社名を商標登録すべきか迷っている 自社のロゴを商標登録すべきか検討している 商品、サービスは商標登録しているが、会社名も商標すべきか迷っている この記事では、「自分の会社名は商標登録する必要があるのだろうか?」という悩みに対し、参

商標の区分 第10類とは?

この記事では、商標区分の第10類について解説します。区分一覧について知りたい場合、こちらの記事もご覧ください。 <商標の区分とは ~45種類を全部解説します> https://cotobox.com/primer/trademark-class/ 第10類 – 医療器具 第10類は、医療用機器、医療用品、ゴム製の衛生用品などがあてはまります。たとえば