食品ブランドの商標登録

食品業界事例

せっかく商標登録をしようとしても、どの区分を選択すればよいかわからないことはありませんか?

自分または自社でつくった野菜、加工食品、加工水産物の商標登録はどうすればよいのでしょうか。

区分を調べるのは存外難しいものです。この記事では、「食品、野菜などを作っている場合の区分はどれにすればいいんだろう? 」という疑問に対し、検討材料となる事例紹介をします。

1.こんな方におすすめ

加工食品工場の方、アルコール飲料を生産する醸造所の方、一次産業の中でも食品を生産している農業や漁業に携わる方は特に関係があります。

※こちらは商品そのものを製造されている方向けの記事です。飲食店の方はこちらの記事をご覧ください。

■「区分」とは

区分とは、「商標をどの分野で使用するか?」というカテゴリのことで、全部で45種類あります。詳細は以下の記事も参考にしてください。

参考:商標登録の区分とは ~45種類を全部解説します

2.おすすめ区分

食材や加工食品を作っている場合、選択の候補として考えられるのは以下のとおりです。

食品業界のおすすめ取得区分

ただし、みりんは調味料でもアルコールに分類されていたり、ビールはジュースになっていたりと細かな点に注意が必要です。

Cotobox内で注文する場合は、いくつかキーワード検索を試してみて、適切な区分を選択してください。

3.事例

それでは、あなたと業態が似ている以下の企業の事例を見てみましょう。

食品業界事例

ニチレイ、味の素、ホクト、ミニッツメイド、山崎を事例として事例としてご紹介します。なお、小売の事例として業務スーパーも掲載しています。

これら事例については、業務スーパーを除き区分29~33類いずれかを満たしています。また、事例に該当する企業は同名にて別の区分を取得している場合もあり、事業によっておすすめに挙げた以外の取得が必要な場合もあります。

※実際に登録されている商標は文字商標の場合もありますが、ここではすべてロゴを掲載しています。

4.まとめ

(1)食材や加工食品を作っている場合の区分候補

 

(2)注意事項

なお、Cotoboxではオンラインで出願書類を作成でき、そのまま提携弁理士がチェックして出願してくれます。ぜひ、以下から商標検索を試してみてください。

まずは、そのネーミングが商標登録できるかどうかを確認しましょう。

無料アカウント登録

詳細の見積もりが取れるのはもちろんですが アカウント登録の方には
「商標の使い方や時事ネタ」など
様々な情報をお届けいたします。 御社の知財を活用するために
ぜひ情報をお持ち帰りください。

Cotoboxトップページへ移動

まず、自社のサービスが商標登録されていないか確認したい方はこちらから

関連記事

商標の区分 第22類とは?

この記事では、商標区分の第22類について解説します。区分一覧について知りたい場合、こちらの記事もご覧ください。 <商標の区分とは ~45種類を全部解説します> https://cotobox.com/primer/trademark-class/ 第22類 – 繊維、ひも、網 第22類はロープ製品、帆布製品、 詰物用材料などがあてはまります。たとえば

商標の区分 第34類とは?

この記事では、商標区分の第34類について解説します。区分一覧について知りたい場合、こちらの記事もご覧ください。 <商標の区分とは ~45種類を全部解説します> https://cotobox.com/primer/trademark-class/ 第34類 – たばこ、喫煙用具 第34類は、たばこ、喫煙に使用する器具などがあてはまります。たとえば、紙

商標の登録料、成功報酬の相場

「商標登録の手続きをする場合、登録する際の費用はどれくらいかかるのだろう?」という疑問はありませんか?商標登録の手続きでは、出願時に加え、登録時も料金支払のタイミングがあります。 はじめて商標登録をするので料金相場が分からない 登録時にいくら支払えばいいのか分からない 弁理士報酬の相場が分からない このようなことでお困りの方のため