なぜ商標登録が必要なのか? ~わかりやすく3ステップで解説

なぜ商標登録をするのか?

そもそも、商標登録は必要なのでしょうか?
商標登録のメリットはなんでしょうか?

ビジネスを進めていると、知り合いや友人から「それは商標登録したほうがいいよ」「そういえば商標登録したの?」とアドバイスをもらうことがあります。

この記事では、商標登録の必要性について解説します。

1.商標登録は、もはや前提条件

商標登録は、したほうがよいのか?
結論からいうと、できるだけ多くの人に体験してほしい商品やサービスあれば、必ずするべきです。

商標登録は、

したほうがいいのか/しないといけないのか
商標を登録する意味はなにか?

という「そもそも論」で考えるものではなく、商標権がビジネス環境の所与の条件として成立している以上、やるべきものであると言えます。

そのため、商標登録について考えることは、いつどのようにしてやるか、どのような戦略をもってやるかということになるでしょう。

2.ドメインは取得しても、商標は取得しない現状

(1)商標は分かりづらく、膨大な費用がかかる

いままで、「商標はよく分からない、高い」というイメージがありました。

もしも、新しいビジネスのネーミングを考えた場合、「ドメインを取得しておこう」と考える人は多いですが、「すぐに商標登録しておこう」と考える人は少ないでしょう。

ドメイン名の場合、取得手続きは、インターネットで完結します。取得をたドメインは、ホームページを作ればいろいろな手段でサービスを紹介することができます。名刺にドメインを入れたり、facebookでリンクを貼って紹介する、メールの署名欄に貼っておいたり……
費用面においても、高くても数千円で取得できるので手軽に試すことができます。

しかし、商標登録はどうでしょうか?
中小企業にとっては、商標の保護を後回しにせざるを得ない実態があります。
理由は、以下のようにいくつかあるでしょう。

商標登録の業務は、実務経験がなければとても煩雑なものです。
それに、自分で事前調査や書類作成を行うには膨大な時間を要します。

膨大な時間をかけたくないと思っても、弁理士などに依頼することは費用面でハードルが高くなります。こうして、「商標はよく分からない、高い」というイメージが浸透していったのです。

(2)スタートアップ企業の15%は商標登録できないネーミングだった

商標の知識を持たないまま、商売に関係するネーミングを付けるとどうなるのでしょうか?
Cotoboxが日本のスタートアップや起業家を対象に独自に調査をしたところ、次のことが分かりました。

すでに商標を登録している人がいる場合、使用停止通知等、他者から変更を迫られることがあります。すると、これまでの広報活動がすべて無駄になります。ネーミングを変更する作業で生じるコストを考えると、あまりにも大きな代償です。

3.悪意のある商標出願は身近にある

■特許庁でも問題視されている多くの事例

「今すぐ商標登録をしなくても、誰もまだ知らないから大丈夫だろう」と考える方もいるでしょう。

しかし、特許庁において「悪意のある出願」が以下報告書としてまとめられており、深刻な問題となっています。

参考:特許庁審査業務部「日本における悪意の商標出願事例」
https://www.jpo.go.jp/torikumi/kokusai/kokusai2/pdf/bad_faith_seminar3/jpo.pdf

この資料の中では以下のような事例が記載されています。

ETNIES事件
ManhattanPortage事件
のらや事件
KUmA事件
激馬かなぎカレー事件
Asrock事件
アールシータバーン事件

これらの事例を見ると、きっと「こんなサービス名は聞いたことがないから、関係ない」と思うかもしれません。

しかし、ここで注目すべき点は、発展途上のサービスであっても、虎視眈々と商標出願を行う人が存在していることです。あなたの考えた名称が人気を少しずつ獲得していった場合、「これは伸びそうなサービスだ」と業界関係者によって目を付られる可能性はゼロではありません。

まとめ

・商標登録は、前提条件である
・多くの会社が後回しにしている実態がある
・どの業界でも商標を先に取られるリスクは、小規模でも存在する

費用を抑えて、商標出願をしたい場合は、ぜひオンラインで完結するCotoboxを使ってみましょう。

まずは、そのネーミングが商標登録できるかどうかを確認しましょう。

関連記事

商標の区分 第22類とは?

この記事では、商標区分の第22類について解説します。区分一覧について知りたい場合、こちらの記事もご覧ください。 <商標の区分とは ~45種類を全部解説します> https://cotobox.com/primer/trademark-class/ 第22類 – 繊維、ひも、網 第22類はロープ製品、帆布製品、 詰物用材料などがあてはまります。たとえば

商標の区分 第42類とは?

この記事では、商標区分の第42類について解説します。区分一覧について知りたい場合、こちらの記事もご覧ください。 <商標の区分とは ~45種類を全部解説します> https://cotobox.com/primer/trademark-class/ 第42類 – 調査、分析、設計、開発 第42類は、エンジニア、プログラマー、デザイナー、化学者、物理学者

商標の名義変更や社名・住所変更する

  商標登録に向けた手続中や、商標登録完了後に、あなたの住所が変わることはありませんか?また、取得した商標権を第三者に譲渡することもあるかもしれません。 このような場合、特許庁に対して変更手続を行うことで、住所・名義人などの情報を変更することができます。 変更手続をしなければならない人にとって、理由はそれぞれ異なるかもしれません。