ウェブサイトを設置する場合の区分選択

IT業界の区分選択

せっかく商標登録をしようとしても、どの区分を選択すればよいのかわからないことはありませんか?

Cotoboxでは商標登録についてブランドなど区分、分類に関する多くの問い合わせがあります。

区分を調べることは決してわかりやすいものではありません。 この記事では、「IT業界の区分はどれにすればいいんだろう? 」という疑問に対し、検討材料となる事例紹介をします。

1.こんな方におすすめ

 

この記事は、こんな方におすすめです

・オンラインサービスを展開している人
・IT業界で、WEBメディアとして発信していきたい人
・IT業種ではないが、WEBを中心に情報を発信している人
・ブログやオウンドメディアを持っている人
・ポータルサイトのように他者からの情報(二次情報)をまとめて発信する人

■区分とは

区分とは、「商標をどの分野で使用するか?」というカテゴリのことで、全部で45種類あります。 詳細は以下の記事も参考にしてください。

参考:商標登録の区分とは ~45種類を全部解説します

2.おすすめ区分

WEBサイトの名前や、WEBサイトでの情報発信やオンライン上でのサービスを展開している場合、 選択の候補として考えられるのは以下になります。

■IT業界の区分選択

 IT業界のおすすめ取得区分区分の選択は41、42、35を選択されることが参考になります。

ただし、「アクセスのための情報発信はするが、広告設置やスポンサーバナーはつけない」という方であれば、35類は必要ありません。 また、事業について主軸となることが別にある場合は、ほかの区分も選択肢に入ってきます。

3.事例

それでは、あなたと業態が似ている以下の企業の事例を見てみましょう。
IT業界の区分選択Yahoo!JAPAN(総合ポータルサイト)、バズ部(IT開発者向けのオウンドメディア)、オールアバウト(新規開業者向けポータルサイト)、ロケットニュース24(身近なニュースを多数掲載するポータルサイト)を事例としてご紹介します。

これらの事例については、特に区分41類(コンテンツの提供を行う場合)を満たしています。また、この事例に挙げている商標は、おすすめ区分以外の区分を取得しているものあります。

※実際に登録されている商標は文字商標の場合もありますが、ここではすべてロゴを掲載しています。

4.まとめ

(1)WEBサイトを設置する場合の区分候補

(2)注意事項

なお、Cotoboxではオンラインで出願書類を作成でき、そのまま提携弁理士がチェックして出願してくれます。 ぜひ、以下から商標検索を試してみてください。

まずは、そのネーミングが商標登録できるかどうかを確認しましょう。

無料アカウント登録

詳細の見積もりが取れるのはもちろんですが アカウント登録の方には
「商標の使い方や時事ネタ」など
様々な情報をお届けいたします。 御社の知財を活用するために
ぜひ情報をお持ち帰りください。

Cotoboxトップページへ移動

まず、自社のサービスが商標登録されていないか確認したい方はこちらから

関連記事

商標の区分 第2類とは?

この記事では、商標区分の第2類について解説します。区分一覧について知りたい場合、こちらの記事もご覧ください。 <商標の区分とは ~45種類を全部解説します> https://cotobox.com/primer/trademark-class/ 第2類 – 塗料・着色料など 第2類は、印刷用や美術用のペイント(塗料)などがあてはまります。たとえば、印

商標の区分 第43類とは?

この記事では、商標区分の第43類について解説します。区分一覧について知りたい場合、こちらの記事もご覧ください。 <商標の区分とは ~45種類を全部解説します> https://cotobox.com/primer/trademark-class/ 第43類 – 飲食、宿泊 第43類は、飲食店の経営者、ホテルや旅館の運営、保育所の運営、老人ホームの運営

商標の区分 第12類とは?

この記事では、商標区分の第12類について解説します。区分一覧について知りたい場合、こちらの記事もご覧ください。 <商標の区分とは ~45種類を全部解説します> https://cotobox.com/primer/trademark-class/ 第12類 – 乗物 第12類は、陸上の乗物、海上の乗物、空中の乗物やその部品などがあてはまります。たとえ