ブランド名・アパレル製品の商標登録

せっかく商標登録をしようとしても、どの区分を選択すればよいかわからないことはありませんか?

Cotoboxでは商標登録についてブランドなど区分、分類に関する多くの問い合わせがあります。区分を調べることは決して容易いものではありません。

この記事では、「アパレル・ブランド商品の区分はどれにすればいいんだろう? 」という疑問に対し、検討材料となる事例紹介をします。

1.こんな方におすすめ

■「区分」とは

区分とは、「商標をどの分野で使用するか?」というカテゴリのことで、全部で45種類あります。詳細は以下の記事も参考にしてください。

参考:商標登録の区分とは ~45種類を全部解説します

 

2.おすすめ区分

 

アパレルブランドの場合、選択の候補として考えられるのは以下になります。

アパレル業界のおすすめ取得区分

区分の選択は25、35から該当する区分を選択されることが参考になります。

区分の選択は基本的に「服のブランドを持っている=25類」「セレクトショップ(他ブランドを仕入れて売る)=35類」を選択します。しかし、ブランドの中でもアクセサリーやカバンなど、商品によっては区分が異なり、その内容は多岐に渡ります。

3、9、14、18、26は以下の項目をご覧ください。

3.商品別 詳しい区分の一覧表

ここからは、自社独自ブランドをお持ちの方限定で詳しく解説します。

衣服のブランドは基本的に25類と考えて問題ありません。ただし、カバンやメガネなど商品によっては区分が異なります。

以下では区分ごとにどのような商品が該当するかをまとめています。ぜひ参考にしてみてください。

(1)衣服全般:区分25

これらの独自ブランドは「区分25」を選択してください。
( 例 )アルマーニ、EDWIN、ナイキ、ピーチジョンなど多数

(2)香水など:区分3

これらの独自ブランドは「区分3」を選択してください。
( 例 )Dior、ブルガリ、ANNA SUIなど多数

(3)メガネ等:区分9

これらの独自ブランドは「区分9」を選択してください。
( 例 )Ray-Ban、JINSなど多数

(4)貴金属や時計:区分14

これらの独自ブランドは「区分14」を選択してください。
( 例 )4℃、G-SHOCKなど多数

(5)かばんやケース等:区分18

これらの独自ブランドは「区分18」を選択してください。
( 例 )PORTER、グッチ、シャネルなど多数

(6)貴金属以外の装飾品:区分26

これらの独自ブランドは「区分26」を選択してください。

4.事例

 

それでは、あなたと業態が似ている以下の企業の事例を見てみましょう。

アパレル業界事例

ビームス、プラダ、ナイキ、リーバイス、ピーチジョン、クリスチャンディオール、G-SHOCK、CUNE、ザ・ノース・フェイス、ユナイテッドアローズ、ティファニー、ポーターを商標登録の事例としてご紹介します。なお、本事例には小売店として区分を選択しているブランドも含みます。

これら事例については、区分3、9、14、18、25、26、35類いずれかを満たしています。また、事例に該当する企業は同名にて別の区分を取得している場合もあり、事業によっておすすめに挙げた以外の取得が必要な場合もあります。

※実際に登録されている商標は文字商標の場合もありますが、ここではすべてロゴを掲載しています。

5.まとめ

(1)アパレルショップやブランド商品の場合の区分候補

区分の選択は基本的に25、35を選択されることが参考になります。

(2)注意事項

なお、Cotoboxではオンラインで出願書類を作成でき、そのまま提携弁理士がチェックして出願してくれます。
ぜひ、以下から商標検索を試してみてください。

まずは、そのネーミングが商標登録できるかどうかを確認しましょう。

無料アカウント登録

詳細の見積もりが取れるのはもちろんですが アカウント登録の方には
「商標の使い方や時事ネタ」など
様々な情報をお届けいたします。 御社の知財を活用するために
ぜひ情報をお持ち帰りください。

Cotoboxトップページへ移動

まず、自社のサービスが商標登録されていないか確認したい方はこちらから

関連記事

商標の区分 第43類とは?

この記事では、商標区分の第43類について解説します。区分一覧について知りたい場合、こちらの記事もご覧ください。 <商標の区分とは ~45種類を全部解説します> https://cotobox.com/primer/trademark-class/ 第43類 – 飲食、宿泊 第43類は、飲食店の経営者、ホテルや旅館の運営、保育所の運営、老人ホームの運営

商標の区分 第36類とは?

この記事では、商標区分の第36類について解説します。区分一覧について知りたい場合、こちらの記事もご覧ください。 <商標の区分とは ~45種類を全部解説します> https://cotobox.com/primer/trademark-class/ 第36類 – 金融、保険、不動産 第36類は、金融サービス、財政サービス、保険サービス、不動産取引のサー

商標の区分 第23類とは?

この記事では、商標区分の第23類について解説します。区分一覧について知りたい場合、こちらの記事もご覧ください。 <商標の区分とは ~45種類を全部解説します> https://cotobox.com/primer/trademark-class/ 第23類 – 糸 第23類は、織物や編物に用いる糸あてはまります。たとえば、刺繍糸、毛糸などです。ただし