Online Trademark Registration Service "Cotobox"
平日 10:00〜12:00 13:00〜17:30
Sign Up

ブランド名・アパレル製品の商標登録

せっかく商標登録をしようとしても、どの区分を選択すればよいかわからないことはありませんか?

Cotoboxでは商標登録についてブランドなど区分、分類に関する多くの問い合わせがあります。

区分を調べることは決して容易いものではありません。

この記事では、「アパレル・ブランド商品の区分はどれにすればいいんだろう? 」という疑問に対し、検討材料となる事例紹介をします。

 

1.こんな方におすすめ

  • アパレル企業で、ブランドを持っている人
  • アパレル店やブランド名を商標登録したい人
  • 靴メーカーで、自社名やブランド名を登録したい人
  • 自社ブランドは無いが、セレクトショップを運営している人
  • 個人でブランドを持っていて、メルカリやラクマなどのネットショップで売っている人

 

■「区分」とは

区分とは、「商標をどの分野で使用するか?」というカテゴリのことで、全部で45種類あります。

詳細は以下の記事も参考にしてください。

<参考:商標登録の区分とは ~45種類を全部解説します

 

2.おすすめ区分

アパレルブランドの場合、選択の候補として考えられるのは以下になります。

アパレル業界のおすすめ取得区分

 

  • 25類:衣服全般のブランド(ほか、商品によって区分が異なります)
  • 35類:小売(仕入れ販売などセレクトショップの店名などの場合)

 

区分の選択は基本的に

「服のブランドを持っている=25類」

「セレクトショップ(他ブランドを仕入れて売る)=35類」

を選択します。

しかし、ブランドの中でもアクセサリーやカバンなどの商品は別の区分に該当します。
この場合、3・9・14・18・26などが候補となり、多岐に渡ります。

 

3.商品別 詳しい区分の一覧表

ここからは、自社独自ブランドをお持ちの方限定で詳しく解説します。

衣服のブランドは基本的に25類と考えて問題ありません。

ただし、カバンやメガネなど商品によっては区分が異なります。

 

以下は、区分ごとにどのような商品が該当するかをまとめています。
ぜひご参考にしてみてください。

 

(1)衣服全般:区分 第25類

  • トップス(アウター、インナー、スーツ、コート、キャミソール等)
  • ボトムス(ズボン、スカート等)
  • 下着全般(ブラ、ショーツ、トランクス等)
  • 着物類
  • 帽子類(キャップ、バンダナ等)
  • マフラー類(スカーフ、スヌード等)
  • 靴類(ソックス含む)
  • ネクタイ
  • ベルト、ガーターベルト
  • ストッキング

これらの独自ブランドは[区分 第25類]をご選択ください。

例)アルマーニ、EDWIN、ナイキ、ピーチジョンなど

 

(2)香水など:区分 第3類

  • 香水
  • つけ爪(ネイルチップ等)

これらの独自ブランドは[区分 第3類]をご選択ください。

例)Dior、ブルガリ、ANNA SUIなど多数

 

(3)メガネ等:区分 第9類

  • サングラス(ケース含む)
  • メガネ(ケース含む)
  • コンタクト
  • カラコン

これらの独自ブランドは[区分 第9類]をご選択ください。

例)Ray-Ban、JINSなど多数

 

(4)貴金属や時計:区分 第14類

  • ピアス、イヤリング(貴金属・宝石のもの)
  • ネックレス、チョーカー、アンクレット(貴金属・宝石のもの)
  • キーホルダー(貴金属・宝石のもの)
  • 指輪、リング(貴金属・宝石のもの)
  • ブレスレット(貴金属・宝石のもの)
  • 腕時計
  • ブローチ(貴金属・宝石のもの)

これらの独自ブランドは[区分 第14類]をご選択ください。

例)4℃、G-SHOCKなど多数

 

(5)かばんやケース等:区分 第18類

  • かばん
  • リュック
  • 手提げバッグ
  • 化粧ポーチ
  • キーケース
  • 名刺入れ

これらの独自ブランドは[区分 第18類]をご選択ください。

例)PORTER、グッチ、シャネルなど多数

(6)貴金属以外の装飾品:区分 第26類

  • ヘアバンド
  • カチューシャ
  • 帯留め
  • シュシュ
  • ウィッグ、エクステ
  • ブローチ(貴金属・宝石をのぞく)

これらの独自ブランドは[区分 第26類]をご選択ください。

 

区分を選んで、すでに商標登録されていないか、検索をしてみましょう。

商標検索ページへ(無料)

 

4.事例

 

それでは、あなたと業態が似ている以下の企業の事例を見てみましょう。

アパレル業界事例

[EDIFICE]と[THE NORTH FACE]を商標登録の事例としてご紹介します。

 

EDIFICE

まずは、株式会社ベイクルーズが展開するEDIFICEの登録商標を見てみます。

複数の商標が登録されていますが、最初の商標登録は以下のとおりとなっています。

(画像:特許情報J-PlatPatより抜粋)

 

これを見ていただいた通り、1997年に25類の1区分で登録がなされています。

その後、18類、3類、9類、20類、34類などでも登録されています。

また、以下のとおり、書体が異なるEDIFICEの商標も登録されています。
この商標は、14類、18類、25類、35類で登録されています。

(画像:特許情報J-PlatPatより抜粋)

 

必要となる区分を全てまとめて登録するという方法もありますが、このように、優先順位の高い区分から登録し、必要に応じて区分を増やしていくという方法もあります。

なお、EDIFICEという商標を検索すると、カシオ計算機のEDIFICEという商標も登録されていることが分かります。

カシオ計算機のEDIFICEという商標は、14類で登録がなされています(9類についても出願がなされており、現在審査中)。

14類は貴金属、身飾品、腕時計などの区分です。

この商標は、ベイクルーズの「EDIFICE」と読み方が一致していますが、すでに登録されているベイクルーズの「EDIFICE」の商品やサービスの内容と類似していないため登録ができたと考えられます。

このように、すでにある商標と同一の名称であっても、商品やサービスが類似していない場合、登録が可能です。

(画像:特許情報J-PlatPatより抜粋)

 

THE NORTH FACE

次に、株式会社ゴールドウィンが展開するTHE NORTH FACEを解説します。

THE NORTH FACEは、以下のように、文字だけの商標と、文字も含めたロゴの商標などが登録されています。

文字だけの商標は、20類、22類、24類、25類で登録がされています。

ロゴの商標は、文字商標と同様の区分の他、アウトドア関連の区分など多くの区分で登録されています。

(画像:特許情報J-PlatPatより抜粋)

 

5.まとめ

(1)アパレルショップやブランド商品の場合の区分候補

  • 25類: 衣服全般のブランド(ほか、商品によって区分が異なります)
  • 35類: 小売(仕入れ販売などセレクトショップの店名などの場合)
  • ただし、扱う商品によっては、3・9・14・18・26などの選択も必要になる可能性がある

 

(2)注意事項

  • 自社に該当しない区分など、選択しなくても良いケースがある
  • 専門的的な情報の発信など、ほかの区分を選択する場合がある
  • 予算上難しい場合は、まず優先的に1つ選択することがおすすめ

 

なお、Cotoboxではオンラインで出願書類を作成でき、そのまま提携弁理士がチェックして出願してくれます。
ぜひ、以下から商標検索を試してみてください。

 

  • person_outline
    執筆者
    cotobox編集部
  • calendar_today
    公開日
  • update
    最終更新日
まずは似た商標がないか検索してみましょう

検討中のネーミングを入力して、似た商標が取られていないか検索してみましょう。

ご質問はチャットサポートへ

オンライン商標登録サービスCotoboxでは、専任のサポートチームがご質問に対応いたします。

さあ始めましょう。
Cotoboxでカンタン商標出願。

詳細のお見積りはもちろん、
はじめての商標登録で不安な方向けに
ご状況に合わせたアドバイスを無料で実施中です。

無料で会員登録