Amazonブランド登録の商標登録で困ったらここを使え

Amazonの規約では、「同じ商品であれば、1つの商品カタログページで出品しなければならない」ルールがあります。
Amazonで出品する際に相乗り業者を防ぐことができる「Amazonブランド登録」の動きが活発化しています。しかし、Amazonブランド登録は承認制であり、Amazonが提示する要件を満たした登録商標を用意しなければなりません。

この記事では、
・Amazonブランド登録を利用したいが、商標登録の手続方法が分からない
・Amazonブランド登録の情報登録ページ内「知的財産」の入力欄が埋められない
・商標登録の手続をオンラインで簡潔させたい

という方に向けて、商標に関する用語の解説や、出願の方法を解説します。

 

1.Amazonブランド登録の必要性が分かる事例

Amazonで自分のオリジナル商品を販売する場合、「1つの商品には、1つの商品カタログページ」という大原則があります。この大原則のおかげで、購入者はサイト上を巡回することなく、スムーズに買いたい商品を決めることができます。

購入者にとってスムーズな体験となる一方で、販売者同士は水面下で戦いを繰り広げています。1つの商品に対し多くの出品者が乱立する構図となるため、「どの販売者の商品情報がメインページとして掲載されるか」という競争になるのです。

そして、深刻な問題となっているのが「悪質な相乗り出品」の存在です。オリジナル商品を作っている販売者からは、以下のような被害が報告されているようです。

<事例1.OEM元が他社にも販売しており、商品カタログページを奪われた>
自社のみで出品していたオリジナル商品だったが、他社もAmazonで出品しているのを見つけた。調べてみると、OEM供給元が他社にも商品を供給していたことが判明。その後、他社が値下げを行い、自社は商品カタログページの編集権限が持てなくなってしまった。
<事例2.高額で自社商品を出品する業者が増加し、商品カタログページを奪われた>
自社で製造販売を行うため、勝手に他の業者による流通をされない仕組みだった。しかし、3倍以上の高値で勝手に出品する他の業者が現れ、商品カタログページの権限が持てなくなった。この業者にも利益は出ないので、何がしたいのか分からない。自社にとって迷惑な存在でしかない。
<事例3.勝手に低価格として出品され、最終的に自社にクレームが来た>
オリジナルアロマを販売したが、いつしか他社に自社の画像を使われ、結果として値段だけが安く編集された他社ページがメイン表示されるようになった。安価で買ったお客さんからクレームが入り、商品代金を自社が返金したため2倍の損失を被った。

前述のように本来「相乗り」はAmazon内で価格競争が生むためのルールであるため、購入者にとっても良いことでした。しかし、商品カタログページの権限を取得することだけを目的とする業者が出品すると、購入者はだまされ、オリジナル商品の販売者の信頼も失墜します。

このような悪質な出品を防ぐために、Amazonブランド登録が始まりました。

2.Amazonブランド登録を利用するメリット

Amazonブランド登録は、悪質な相乗り業者を排除するための認証制度です。Amazonは、ブランド登録の効果について、こう述べています。

Amazonブランド登録は、知的財産の保護や、Amazonの購入者への正確で信頼できる商品情報の提供に役立ちます。

「知的財産が保護される」とだけ聞くとイメージが湧きにくいですが、具体的な出品者のメリットは以下のとおりです。

(1)カタログ情報を勝手に編集されない

Amazonにある商品カタログページの情報は、出品者によって書き換えが可能です。一説では販売実績が高い出品者の情報が採用されると言われています。しかし、このルールはブランド所有者が乗っ取りを受けるリスクを持っています(前述の事例参照)。例えば、「別の出品者がブランド所有者よりも低価格で商品を販売してページ権限を取得した後、ブランド所有者の意図しない売り方をする(セット売りなど)」という行為が考えられます。

Amazonブランド登録を利用すれば、編集権限が他の出品者に移ることを防げます。商品情報を書き換えられることなく、適切な商品情報を購入者に伝えることができます。

(2)自分のブランド商品のみを表示させるページ

Amazonブランド登録を利用することで、通常の出品者よりも優位なディスプレイ広告を打つことができます。また、ブランド名をクリックすると、あなたが出品した商品一覧ページ(ストアフロント)の表示が可能になります。

これらの機能により、商品の認知度向上や購入率向上に貢献するでしょう。

(3)不正商品を見つけやすい検索機能

Amazonブランド登録の利用者は、不正商品を見つけるための「グローバル検索」や「画像検索」を効率的に使用することができるようになります。
このカスタム機能で不正商品も見つけやすくなるため、Amazonに対し迅速に報告できる体制が整ったことにもなります。

(4)JANコードなどの免除申請が可能になる

Amazonで新しい商品を出品する場合、バーコード下の番号である「JANコード」を入力しなければなりません(AmazonではEANコードとも呼ばれています)。ブランド登録を済ませてJANコード免除申請を行えば、JANコード無しで出品できるようになります。

他にも多くのメリットがありますが、詳しくは以下外部サイトの記事もご確認ください。
Amazonのブランド登録の申請方法まとめ(外部サイト)

 

3.Amazonブランド登録の「商標登録」には、どんな情報が必要?

 

2018年の規約変更により、Amazonブランド登録を利用するためには新たに商標権を取得していることが必要となりました。

しかし、商標権はすぐに取得できるものではありません。特許庁による審査があり、認められるまでに約9ヶ月かかります。Amazonブランド登録をできるだけ早く利用したいのであれば、早期審査制度を検討してもよいかもしれません。この制度を利用すると早く審査を受けられるため、認められるまでの期間が約2ヶ月に短縮されます。商標の手続きにかかる期間について、こちらの記事もご覧ください。

日本で商標登録したときの入力方法は以下のとおりです。

(1)商標の種類

選択肢には「文字商標(テキスト)」と「図形商標(画像)」があります。
文字商標:たとえば、単に「Amazon」のような言葉だけの商標です
図形商標:たとえば、「amazon」に矢印の加わったデザイン化された商標です

■文字と図形、どちらで商標登録すべきか?

文字商標と図形商標をどちらで商標登録すべきかはケースバイケースですが、まずは文字商標で出願する人が多いようです。理由は「ロゴデザインなどは変更するかもしれない」など様々です。文字商標では、英文字、ひらがな、カタカナなどの表記が考えられます。いずれの表記で商標登録するか迷うかもしれませんが、実際にAmazonで使用しているブランド名で出願しましょう。

■Amazonでは、文字を含まないイラストだけの登録商標を認めていない

日本の特許庁で商標を出願する場合、たとえば「クロネコヤマト宅急便のクロネコ親子マーク」のように文字が入っていなくても登録を認められています。しかし、Amazonブランド登録を利用する場合、「ブランド登録申請に記載されたブランド名と一致している必要があります。」と明記しているため、文字の識別できない商標を出願するのは避けましょう。

(2)商標名

特許庁で商標登録した商標名です。前述のとおり、Amazonではブランド登録申請に記載されたブランド名と一致している必要があります。

■まだ商標登録していない場合、最悪ネーミング変更することも頭に入れておく

これから商標登録の手続を進める場合、そのブランド名は商標として登録できない可能性もあります。弁理士などの専門家による商標調査の結果「商標登録の可能性は低い」と判定されることがあるかもしれません。この場合、他人の商標権を既に侵害している可能性が高いので、新しいブランド名を考えるべきであることも頭の片隅に置いておきましょう。もちろん、登録可能性が低い理由は、他人の商標権の侵害以外にもあるので、専門家の意見を良く聞くことをお勧めします。

(3)商標番号

特許庁では登録番号と呼ばれています。商標登録が完了した後に特許庁から送られてきた商標登録証の「登録第〇〇〇〇〇〇〇号」という番号を確認するか、以下の方法でウェブサイトからも確認できます。

<特許庁ウェブサイトで登録番号を確認する方法>
①特許情報プラットフォームのこちらのページにアクセス
②検索項目で「出願人/書換申請者/権利者/名義人」を選択
③項目に出願人したときの情報を記入、英字の場合は全角で入力(例:株式会社〇〇、山田太郎など)
④検索ボタンをクリックし、登録商標の情報を確認
⑤「登録XXXXXXX」の番号が、商標番号です

■「商願XXXX-XXXXXX」は商標番号ではない

商願2018-000000のように西暦+6ケタで構成された番号は、出願したときに付与される番号であり、Amazonの示す商標番号ではありません。「商標登録された」という効力は無いので、入力しないでください。

(4)商標登録機関

日本で商標登録した場合、「日本 – Japanese Patent/Trademark Office」を選択してください。

商標登録制度は多くの国に存在します。しかし、Amazonでは現在日本のほかにアメリカ、EU、イギリス、イタリア、インド、オーストラリア、カナダ、スペイン、ドイツ、ブラジル、フランス、メキシコのの各特許(商標)庁の発行した商標のみを受付可能としています。

 

4.Cotoboxを利用して商標出願してみよう

 

Amazonブランド登録の重要性を理解し、商標登録について入力すべき内容を把握しても、「実際に商標登録手続きするためのハードルが高い」と感じる方は多いのではないでしょうか?

質問サイトなどでは、「商標登録を検討する場合、特許事務所の弁理士に依頼してみましょう」というアドバイスが見られます。しかし、いざ事務所に相談すると考えた場合、気が引けてしまう方も多いでしょう。

そこで、出願から登録までオンライン上で完結できるサイトを紹介します。

■注文ステップに沿って入力するだけ、費用も相場の1/4程度

Cotoboxでは、出願したい商標の情報を入力し、いくつかの項目を選択していくだけで、まるでECサイトで注文するように出願書類の作成が可能になっています。また、費用面でも従来のサービスと比較し約1/4で済むのが特徴です。費用に関する詳細は、費用のページをご確認ください。

(1)アカウントを作成して手続開始

アカウント作成後、「マイページ」に移動し『新規商標登録開始』のボタンをクリックします。これにより、商標登録に向けての情報入力ステップが始まります。

(2)商標の情報を入力する

はじめに、出願したい商標の情報を入力します。
Amazonブランド登録で求められた情報である「文字」か「ロゴ(図形)」をこのページで選択します。

(3)区分の選択

自分でOEMなどでブランド商品を開発している場合、「商品またはサービス」では「商品」を選択することになります。そのビジネスに関連のありそうなキーワードを入力して、区分の選択を行います。もし区分が分からない場合は、近いと思うものを選択してください。注文後に提携先の専門家による修正の機会があります。

(4)注文

クレジットカード情報を入力して決済します。

(5)提携の専門家とメッセージで最終確認後、特許庁へ出願

注文後は、Cotoboxから、提携している専門家とのやりとりに移行します。専門家からの連絡があったら、メッセージ機能にて書類についての最終確認を行います。この後、専門家が特許庁への出願手続を代行します。

特許庁の審査を経て、特に問題がなければ約9ヶ月後に登録料を支払い、商標登録が完了します。商標登録が完了すれば、Amazonブランド登録に必要な情報をすべて手にすることができます。

5.まとめ

 

 

 

まずは、そのネーミングが商標登録できるかどうかを確認しましょう。

関連記事

商標の区分 第32類とは?

この記事では、商標区分の第32類について解説します。区分一覧について知りたい場合、こちらの記事もご覧ください。 <商標の区分とは ~45種類を全部解説します> https://cotobox.com/primer/trademark-class/ 第32類 – 飲料、ビール 第32類は、清涼飲料、ミネラルウォーター、ビールなどがあてはまります。たとえ

商標の区分 第7類とは?

この記事では、商標区分の第7類について解説します。区分一覧について知りたい場合、こちらの記事もご覧ください。 <商標の区分とは ~45種類を全部解説します> https://cotobox.com/primer/trademark-class/ 第7類 – 工作機械、原動機 第7類は、機械、工作機械、原動機などがあてはまります。たとえば、原動機の部品

商標の更新にかかる費用

「そろそろ商標の更新期限だと思うけど、更新にかかる費用を忘れてしまった…」という状態になっていませんか? 商標には期限日(存続期間満了日)があるため、更新する際は所定の手続きと、費用の納入が必要です。 商標登録をしてから数年経つので、情報を確認したい いくら支払えばいいのか分からない いつまでに更新料を支払えばいいのか確認したい