知財情報&戦略システムに掲載されました

フジサンケイビジネスアイが発行する情報誌「知財情報&戦略システム」にて、弊社代表五味のインタビュー特集記事を掲載いただきました。

「知財の世界をデジタル化で便利に!」というテーマで取材をいただいており、Cotoboxのサービス内容やグレーゾーン解消制度活用について代表の五味が意見を述べさせていただいております。

 

知財情報&戦略システムとは

フジサンケイビジネスアイが発行する情報誌で、「知財を想像し管理するための情報システムから知財を活用するための戦略システムまでをカバーする」ことが特徴となっています。

本紙は、20,491名を動員した知財業界最大級の見本市「2018 特許・情報フェア&コンファレンス」にて広く配布されました。

 

【関連リンク】
2018 特許・情報フェア&コンファレンス(フジサンケイビジネスアイ主催の見本市)
http://pifc.jp/

関連記事

経済産業省から弊社事業についての公式見解を取得しました

cotobox株式会社は、経済産業省のグレーゾーン解消制度を活用し、当社事業内容について照会を行い、経済産業省大臣より「商標登録出願書類等を利用者自らが作成することを支援するソフトウェアの有償での提供」が弁理士法第75条に該当しないとの回答を得ました。 【関連リンク(経産省によるプレスリリース)】 http://www.meti.go.jp/pres

商標登録サービス「Cotobox」β版をリリース

〜知財をもっとシンプルに! 現役弁理士による、独自AI技術を生かしたオンラインサービス〜 cotobox株式会社(本社:千代田区内神田 代表取締役:五味和泰 以下「当社」)は、独自開発のAI技術により最短3分で商標登録出願の準備ができるサービス「Cotobox」のβ版をリリースしました。本サービスによりスムーズな商標登録を促進し、すべての企業に対し自社ブラ

SankeiBiz(サンケイビズ)に掲載されました

産経新聞グループの総合経済情報サイト「SankeiBiz」にて、弊社サービスCotoboxについてのインタビュー掲載をしていただきました。 また、本記事は総合経済誌である「フジサンケイ ビジネスアイ」においてもご覧いただけます。 「AI使った商標検索・出願に挑戦」というテーマで取材をいただいており、代表の五味がCoto